おすすめ記事 PICK UP!

宝島社 ファッション系 リュック 2022年2月号増刊 【《MILKFED. SPECIAL BOOK》Multi-pocket Backpack #BEIGE】レビュー

当ブログ、2021年6月19日で紹介した「カナナ フリーウェイリュック」

《半年使ってみた感想》は、

  • 中身も見やすい
  • 取り出しやすくもある
  • 背負っていて肩も痛くならない
  • 肩幅が狭い人でもずり落ちない
  • サイズ違いの前ポケットがあるが、使い分けしやすい

と満足して活用しています

ただ、例えばどこかに一泊するときには、マチ部分上部がだんだん狭まっていく作りのため、もう少し荷物が入るタイプがいい。

私が使っているのは大きさが中( 62102)のタイプ。

【価格】 19,800円(税込)

【大きさ】 幅32×高さ39×奥行き13cm
590g/11L

もう1段階大きいサイズ、大 62103

【価格】 22,000円(税込)

【大きさ】 幅34×高さ42×奥行き14cm
640g/13L

も販売されていますが、マチ部分が上から下まで同じものが良いかなと考えていたところ、宝島社ファッション系 リュック 2022年2月号増刊 【《MILKFED. SPECIAL BOOK》Multi-pocket Backpack #BEIGE】、これ、使いやすいかも?

色違いでブラックも。

ベージュを選んだのは、内側の生地の色が黒だと入っている物を認識しづらい点。内側の生地の色は明るいカラーを選ぶように心がけています。

MILKFED.ミルクフェド》ってどんなショップ?

「エレガント」「カジュアル」をコンセプトに
日常で見慣れたベーシックアイテムにガーリーな味付けをしたワードローブ。
流行をリアルなスタイリングに落とし込み、シンプルな中にオーラが漂う
エイジレスな女性のカジュアルスタイルを提案します。

MILKFED.公式オンラインストア「コンセプト」より

ストリートファッション系だそうです。店舗はラフォ−レ原宿など。そっか。原宿か。私が持つには、年齢的には釣り合わないと言われてしまうかもしれないが、公式ホームページに「エイジレスな女性のカジュアルスタイルを提案します」とあるから、ちょっと救い。

さっそく、宝島社よりクロネコヤマト便で到着しました。

梱包状態↓

取り出したところ↓

【価格】 2,500円(税込)

【大きさ】 約ヨコ32cm×タテ42cm×マチ12cm[最大] /容量24L
【耐荷重】(約)12kg

取り出した時に、肩紐が捻れていましたが点々点。直しました。

肩紐部分はアジャスターで長さの調節可能。

《コンセプト》

「出かけたくなる!8ポケットの万能バックパック」

【メインポケット】

背中側に、13インチノートPCも入る内ポケット。『推し活』用として使うなら、団扇も入る大きさ。

《前ポケット部》(タテ 25cm✖️ヨコ 約31.5cm マチ✖️4cm)

ポケットのサイズは、なんと!A4も入る。美術展の展示リストなど、メインからのクリアファイル出し入れ、ちょっと手間がかかっていたので、これだとスムーズで嬉しい!

ダブルファスナー

《ロゴ》

MILKFED.のシンプル刺繍で大人も使いやすい。

《3ポケットで整理整頓》

奥側のポケットB5ノートがすっぽり入るサイズ(タテ 21cm✖️ヨコ 30cm)

手前側のポケットは、片方はメッシュで見やすい。(左側 タテ 17cm✖️ヨコ 15cm右側 メッシュ部 タテ 17cm✖️ヨコ 16cm)

ペンホルダーついていないですが、ペンを挿して使えます。

レギュラーサイズのマスクがスッポリ入る大きさ。

エコバックもここだと取り出しやすいかなと思います。

《出し入れしやすい縦ポケット》

前ポケット、2つあるのが希望だったので、助かる。

《好きなチャームを付けられる》

プラスチックのDカンが付いています。Dカンの厚みは3ミリ。

《メインもダブルファスナー》

引き手は開閉しやすいヒモ付き。ファスナー部分は覆われていて、防犯にもなります。

《サイドバックル付き》

サイドバックルはトレンドなんだそう。荷物の量に合わせてボリュームを調節できます。

《両サイドにポケット付き》

500mlペットボトルや折りたたみ傘を入れて、すぐに取り出せる。『推し活』用として使うならペンライト入れとしても。

前出の「カナナ フリーウェイリュック」中( 62102)19,800円(税込)

幅32×高さ39×奥行き13cm
590g/11L

との大きさ比較↓。

関連記事

  1. 雑誌 ゼクシィ2022.3月号(1月21日(金)発売) 300円で特別付録『JILL STUART…

  2. 三菱一号館美術館「画家がみたこども展」へ・グッズはガチャ回してお腹がくすぐられる

  3. 睡眠は1日何時間必要?

  4. 友人へ誕生日のちょっとしたプレゼント

  5. 『人生をいじくり回してはいけない』『ゲゲゲの人生わが道を行く』水木しげるさんその魅力

  6. 渋沢栄一 関連本読み比べレビュー

  7. 宝島社MonoMax 2022年2月号増刊 【《トラディショナル ウェザーウェア 》じゃばらポケット…

  8. 学研ムック おめでとうスヌーピー!PEANUTS 70th Anniversary Book こんな…

  9. エプソムソルト、ぬるめの湯でじんわり温まる

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP