おすすめ記事 PICK UP!

《UNE PETITE PAUSEトートバッグパンダ》の耐久性と《宝島社 Mono Max トラディショナル ウェザーウェア 12大機能トートバッグ》レビュー

これまで、通勤用で使っていた《polka polka ポルカポルカ》の UNE PETITE PAUSEファスナー付き A4 グラフィックトートバッグのパンダ柄

通勤もこのパンダさんと一緒だと元氣が出たのさ。

謳い文句は「A4サイズの書類も楽々収納出来るマチ付きトート」

帆布でできていて、雨の日もそんなに氣にならず。

《嬉しい天面ファスナー》

《ポケットは内外2ポケット》

外ポケットと内ポケット、両方ついているのは小物が取り出しやすく何かと便利。

内ポケットのサイズは、横 約20センチ、深さ 約13センチ

外ポケットのサイズは、横 約15センチ、深さ 約17センチ。スマホも楽々入る大きさで便利。

ちょうど一年、週5ほぼ毎日使って

最近、後ろファスナーポケットに入れたはずの家の鍵が、あれ?見つからない…、ドアの前でゴソゴソ。なぜか、メインの奥底に

はじめは「あれ?無意識でメインの方に入れちゃったのかな。大丈夫かな、わたし…」と思っていたのですが、しばらくそういうことが続き、さらに、メインの裏地に穴が空いていて、裏地と表地の間に鍵が入ってしまっていることもあってさらに出しにくい日も。

↓メイン部分に穴、発見。

そして、残念なことに、外ポケットにも穴発見。

鍵が行方不明になっていた理由がわかりました!

縫えばまだまだ表は丈夫で綺麗なので、使えそう!

宝島社「Mono Max」《トラディショナル ウェザーウェア 12大機能トートバッグ》

そんな時に、雑誌コーナーで見かけた2022年1月8日(土)発売宝島社「Mono Max」《トラディショナル ウェザーウェア 12大機能トートバッグ》

こういう機能性重視なのは紳士物に多いけど、デザイン重視だったりの婦人物より好みかも

《トラディショナル ウェザーウェアとは?》

トラディショナル ウェザーウェアは、1974年にゴム引きコートからスタートした英国マッキントッシュ社のブランドで、現在はアウターウェアを中心に、英国の伝統と今の気分を感じさせるコレクションをリリースしています。

トラディショナル ウェザーウェア公式ホームページABOUTより

《12大機能》とは?

  1. 長財布も入るポケット(内ポケット)
  2. スマホポケット(内ポケット)
  3. ペンホルダー✖️2(内ポケット)
  4. ペットボトルポケット(内ポケット)
  5. 底面にICカードポケット(内ポケット)
  6. 中身が見えない天ファスナー
  7. ファスナーは長めの引き手
  8. あおりポケット
  9. 前面ポケット✖️2
  10. サイドポケット
  11. 肩掛けできるハンドル
  12. 撥水加工

これで税込980円と手の届きやすい価格設定!

本の内容は「カバン&乗り物 大賞」

《色味》

箱から取り出してみたら、写真の感じよりちょっとグリーンがかったグレー

《生地》

生地は厚手の撥水加工

《サイズ》

(約)縦32.5×横29.5×マチ10cm

《12機能》

↓機能「6」の中身が見えない天ファスナー。

「7」ファスナーは長めの引き手

「8」あおりポケットはA4ファイルを入れてこんな感じ。

「9」前面ポケット✖️2はA6サイズ・文庫本サイズが入ります。

↓「10」のサイドポケット(雑誌の写真ではここに折り畳み傘が入っています)

↓機能「1」長財布も入るポケット(内ポケット)

「2」スマホポケット(内ポケット)

「3」ペンホルダー✖️2(内ポケット)

「4」ペットボトルポケット(内ポケット)

「5」底面にICカードポケット(内ポケット)

底部分には交通系ICカードを入れられ、いちいち取り出さずとも、バッグごとかざせるタイプ。

「4」ペットボトルポケットには折りたたみ傘も。

ペンホルダー2本も嬉しいですね。

シンプルで、これまた、通勤時に余計なこと考えず、出しにくい・探しにくいといった余計な負担もなく良さそうです。

【ここの角でかすり傷注意】

使ってて、気を付ける点が一つ。

物を入れるとき、取り出すときに、手の甲がこの角に当たるとかすり傷が…「痛っ!」てなるので、気を付けてください。

気になるところはこの点です。

性別を超えて持ちやすいシンプルなデザイン。

本には「ビジネスのサブバックとしても休日のお出かけバッグとしても大活躍してくれますよ」と紹介されています。

次号、宝島社 Mono Max3月号は2月9日(水)発売!

付録は《ジャーナルスタンダード》の「じゃばらポケット付きリュックサック」。

こちらは前ポケットが2層のじゃばらになっている。

ペンホルダーも2つ。

リュックで移動するとき、取り出しやすいところにハンカチとスマホを入れたいけれど、衛生上、そして安全上、一緒に入れるのに抵抗があって、今は、ハンカチをポーチに入れたりしていた。この作りだとそれを氣にしないで済みます。

カラーは使いやすいネイビー。

メイン部分も、底側と上部が同じ幅(最近はここにも着目しています)。予告にメインポケットの中がどんな感じか載っていたらよかったのですが。

金額は税込990円。

関連記事

  1. 2022持ち運び用スケジュール帳は100円ショップ キャン☆ドゥのものにしました

  2. 学研ムック おめでとうスヌーピー!PEANUTS 70th Anniversary Book こんな…

  3. 雑誌 ゼクシィ2022.3月号(1月21日(金)発売) 300円で特別付録『JILL STUART…

  4. 【読書録】「ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」(若宮和男・著/実業…

  5. 【読書録】「やりたいことなんて、なくていい。将来の不安と焦りがなくなるキャリア講義」「エンタメの夜明…

  6. おうちを楽しむ「先の見通しが良くなる」!?【キッチンキッチン】の「レンコンの箸置き」

  7. 美術展の図録、買う派になりました『ゴッホ展』『奇才展』『桃山展』『ハマスホイとデンマーク展』

  8. 『知足安分』無用の用「全然役に立たないもの」が心の救いになる

  9. 「鬼滅の刃」「大河の一滴」なぜ今人氣なのか・苦しみに寄り添い乗り越えるということ

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP