おすすめ記事 PICK UP!

ほぼ日手帳 2023『ミナ ペルホネン』 piece,(original spring mix)、カズンサイズレビュー

ここのところ、周りで「すごくいい!好き!」と目にしたり耳にする『ミナ ペルホネン』。アンテナ、張っているつもりでも、恥ずかしながらついこの間まで知りませんでした。

【ミナ ペルホネンとは?】

minä perhonenミナ ペルホネンの公式ホームページ「About」より。

ブランドの始まりは1995年。デザイナーの皆川明さんが「せめて100年続くブランド」を、と世代を超えて続いてゆく活動を思い描き、創設されたそうです。

ブランド名の「minä」は「私」。

2003年には、ファッションブランドから、さらに活動をインテリアなど暮らしに寄り添う様々なものに広げてゆくときに、それまでのminä という名前に、 「ちょうちょ」という意味のperhonenを加え、minä perhonenと名付けられたということです。

【ミナ ペルホネンの思い・願い】

minä perhonenの服を身に纏っている方それぞれの「私らしさ」が解放され、誰もがより自分らしく過ごせる服であればと願って。

minä perhonenミナ ペルホネン 公式ホームページ「About」より

minä perhonenの四角いブランドロゴの、枠は人を表し、手描きで描かれた小さな粒は様々な個性を表しています。ものづくりでも、個性から生まれるアイデアや工夫、手の技を大切にし、つくることにも、使うことにも、喜びをもたらしてゆきたいと考えております。

minä perhonenミナ ペルホネン 公式ホームページ「About」より

ハギレも、大切な素材

minä perhonenのものづくりの根幹にあるのは、オリジナルのテキスタイルを中心とした素材からのデザイン。

天然素材を中心に、肌触りや服として身に纏った時の表情を大切に、職人の技術を生かして制作したテキスタイルたち。

それ故に、余り布も大切な素材。

お客様と、クリエイションの楽しさを共有できたらと願っております。

丁寧に良いものを作り、素材はできる限り生かす、その姿勢を今後も続けてまいります。

minä perhonenミナ ペルホネン 公式ホームページ「About」より

【piece,(original spring mix)は抽選販売】

「ハギレも、大切な素材」。そのハギレを絶妙なバランスで配してカバーの形になったのが「piece, 」です。

「piece, 」は、
服を仕立てる際にできた
ちいさな布のかけら(=piece)を
手作業でパッチワークした人気のシリーズ。
素材も製法もさまざまなテキスタイルを
縫い合わせることによって
あたらしい表情が生み出されています。

ほぼ日公式ホームページより

「手の技」、「丁寧に良いものを作る」「素材はできる限り生かす」「つくることにも、使うことにも、喜びをもたらしてゆきたい」共感!

そのような時間と空間の中で暮らしてゆきたい。

そこから、何か、そばにminä perhonenのものがあったらなと思い始めました。

そして、20年以上、ず〜っとスケジュール帳を日記として使っていますが、今年、ついに『ほぼ日手帳』デビューして、毎日使っているうちにすっかりほぼ日や糸井さんのファンになりまして、ほぼ日でもminä perhonen取り扱ってるんだ!とよろこびが。

1月始まりは、オリジナルサイズ(A6)で今年から新発売になった大好きな場所、東京国立博物館とのコラボ「対柳居画譜 紋白蝶」、黄色とグリーンのなかに対の紋白蝶が戯れている様子にハートを射抜かれ、一目惚れ、そちらを使っています。(現在は在庫なし・再販売予定なし)

偶然にも蝶モチーフなところがミナペルホネンと被っていますが。

そして、4月始まりに、『ミナ ペルホネン』 piece,(original spring mix)が抽選販売されるというではありませんか!

毎年、4月始まりはこのシリーズで抽選販売のようですね。

オリジナルサイズ(A6)の青いお花畑に心が踊りました。内側のイエローの明るい氣持ちを運んでくれそう!カバーのみ¥16,500。

カズンサイズ(A5)のブルーの地に花と白い鳥のモチーフ、今年の干支のうさぎがグリーンの地にピンクで飛び跳ねているように見えるモチーフに心惹かれました。内側は淡いブルーで心が静かに落ち着く感じ。カバーのみ¥22,000。

栞もかわいい。

どうする?2つだとカバーのみでも結構な金額になります。

迷いに迷って、抽選締め切り最終日の締め切り時刻午前11時前に駆け込みで2つ、カバーのみ、エイッと抽選申し込みしました。

【抽選について】

商品とは別にそれぞれに「配送手数料」がかかります。

【抽選結果】

抽選の結果にかかわらず、申し込んだすべての方にメールで連絡が来ます。

2023年2月21日(火)までに、と書かれていましたが、2月20日夕方17時過ぎにメールが届きました。

カズンサイズ(A5)のほうは当選。オリジナルサイズ(A6)のほうは「残念ながら、ご希望に添えない結果となりました。」とのことでした。

支払い方法にクレジットカードを選択していた場合は、申し込み時に仮売上処理をしたものをキャンセル処理をされるとのこと。

ご希望に添えない結果が出ても、応募した全員にminä perhonen 「piece,」の待ち受け画面をプレゼントという、心遣いも。

【今使っているオリジナルとどう使いわけていく?】

minä perhonenと同様、今私の周りでブームが来ているのが、本『ずっとやりたかったことをやりなさい』(ジュリア・キャメロン/サンマーク出版)で紹介されている「モーニングページ」。朝起きてすぐにA4サイズのノート3ページに何でもいいからそのとき出てくることを書き綴るというもの。

ノートはA4ではなくB6だったりするし、毎日でもないけれど、そういう時間も持てることを自分の中に知っているのは、煮詰まらなくて済んでいるかもしれない。

もし、当選したら、piece,(original spring mix)のような特別なノートでモーニングページのワークをやっていくのもいいかも。

【piece,(original spring mix)カズンサイズ(A5)を迎える準備♪】

普段日記としてオリジナルを使っているのですが、手帳カバーの裏のポケットでゴトゴトしていて下敷きがある方が書きやすいので、カズンサイズの下敷きも準備。ロフト限定の「パンどろぼう」にしました。カバーは、掛けないで風合いと手触りを楽しみたいですが、やっぱり〜長く綺麗に保ちながら使いたい思いもあり、そのときに一緒にロフトで

【しまった!重さのこと考えていなかった】

ロフトでカズンサイズの手帳やカバーがあった。手に取る前からその重さが伝わってきた。

「しまった!重さのこと考えていなかったよ」

私は重いのはダメでした…。

一緒に4月始まりの手帳まで注文していなくてよかった。カバーだけでも、私の感覚では重い。

そこで、カズン4月始まりの手帳を使うのは早々と諦め、分冊版「avec」1月〜6月・7月〜12月か、「day-free」かにしようかな、いや、こちらもどちらも、ちょっとは薄くはなるけれど、やはり重い。ならば、ほぼ日の方眼ノートA5サイズはどうだ?とロフトであれこれ模索しました。ほぼ日の方眼ノートA5サイズも厚みがあり私には重くて、これでもないかな。

モーニングページとして使うなら、朝から「ちょっと違う」感覚は避けたいものね。氣持ちも上がって、違和感も負担も感じないノートにしたい。

【中身はツバメノートとアピカのノートに】

「普通のノートの厚みくらいのにしよう」と行き着いたところは「ツバメノート」の方眼。「こちらもオススメ」でスヌー(愛着を込めてこう呼んでいます)のも出てきたのでセールになっていたし思わずポチ。ツバメノートで検索したからツバメノートだと思っていたらスヌーのはメーカーはアピカでした。

中はこんな感じで頬が緩む。

【そしてついにpiece,(original spring mix)が手元へ】

淡いクリーム色の化粧箱に入っていました!

箱の蓋を開けます。

薄い紙で丁寧に包まれていました!

さらに、不織布の袋に包まれていました!

かわいい!胸が高鳴ります。布が好き。

内側はこうなっています。栞の先の方も丁寧に包まれています。

用意していたビニールカバーを掛けてみました。

残念。厚みがある分、きゅうきゅう、ぎゅうぎゅうなところがあります。どうするか。

上から見ると変なシワが寄りそうな…。

片側を外して使うか…。

宇宙元旦と呼ばれている春分の日から使ってみることにしました。

関連記事

  1. 雑誌 ゼクシィ2022.3月号(1月21日(金)発売) 300円で特別付録『JILL STUART…

  2. 本当のコミュニケイション上手って?その2 『コミュニケイションのレッスン』だいわ文庫

  3. ユニクロ エアリズムマスクを使ってみた感想

  4. エプソムソルト、ぬるめの湯でじんわり温まる

  5. 暗黙の了解(口コミについて)

  6. 春分を迎え桜も開花しました

  7. 新暦七夕

  8. 今日は二十四節気の小寒です

  9. より安全な世界へ移行するというお話しと二十四節気『白露(はくろ)』

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP