おすすめ記事 PICK UP!

寒中見舞いはいつからいつまでに出せばいい?

寒中お見舞いのハガキが送られてきました(写真右)。

喪中ハガキ、いただいた方に、まだ出していなかったので、今日は寒中お見舞いのハガキを準備して、出してきました(写真左)。

義務感からと言うより、氣持ちから、と、季節の便りって自分がもううと嬉しいので、送るようにしています。

寒中見舞いはいつからいつまで?

松の内が明けた「1月8日以降」から「寒中」なので「立春」の前日(2月の節分)までに届くようにするといいです。

【どんな時に出す?】

暑中見舞いと同じように、季節の挨拶として出されていた寒中見舞いですが、最近は、

  • 年賀のご挨拶をいただいて、こちらから出しそびれていた場合
  • 喪中ハガキが届いて、年賀状を出していなかった場合
  • 喪中と知らずに、年賀状を出してしまった場合
  • 喪中で年始のご挨拶を控えていた場合
  • 喪中で年賀状をもらった場合

などで出すことが一般的なようです。

年賀状を出した場合でも、季節の挨拶としてお相手を氣遣う感じで出すのもいいと思います。

関連記事

  1. 二十四節気 寒露(かんろ)です

  2. ユニクロ エアリズムマスクを使ってみた感想

  3. 2022スケジュール帳は、はせくらみゆきさんの「〈風の時代〉のステージアップ手帳」にしました

  4. 京王線芦花公園駅から世田谷文学館までのアクセス

  5. 【お手頃手土産】パンダ好きの友人へパンダ缶のヨックモック

  6. 今日は冬至「一陽来復」

  7. エプソムソルト、ぬるめの湯でじんわり温まる

  8. 9月9日 重陽の節句

  9. 本当のコミュニケイション上手って?その2 『コミュニケイションのレッスン』だいわ文庫

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP