おすすめ記事 PICK UP!

【読書録】『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレディみかこ/新潮社

今年の秋には、もう、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』が完結編として出版されましたが、最初に出たこちらの本、今年も残すところあとひと月の今頃ようやく読みました。

以前、NHK Eテレの「SWITCHインタビュー 達人達」で知ったこの本。著者であるブレディみかこさんと鴻上尚史さんの対談だった。

その中で印象に残っている内容が「日本人は社会への信頼が足りないんじゃないか」と中学生の「ぼく」が語ったところ。鋭いその捉え方と表現にハッとしました。

そして、日頃、無意識に過ごしてしまっているけれど、自分の振る舞いで改めて心に留めておこうと思った箇所。

自分が属する世界や、自分が理解している世界が、少しでも揺らいだり、変わったりするのが嫌いな人なんだろうと思った。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレディみかこ/新潮社 P152

その日に接する他人(家族も含めて)、自分とは違った反応や選択、行動を目にしたり耳にしたりした時に、その違和感や驚きが、その人に対して自分が反射的に反応をしてしまう態度が嫌悪感になる前に、いろんな背景があることを心に留めておこう。

関連記事

  1. 【読書録】「やりたいことなんて、なくていい。将来の不安と焦りがなくなるキャリア講義」「エンタメの夜明…

  2. 「鬼滅の刃」「大河の一滴」なぜ今人氣なのか・苦しみに寄り添い乗り越えるということ

  3. 本当のコミュニケイション上手って?スイッチインタビュー「ブレディみかこ✖️鴻上尚史」その1

  4. いろんな思考法があるけれど…『歴史思考』賢者は歴史に学ぶ

  5. 『観察する姿勢』を持っていた 渋沢栄一、モンテッソーリ、フランス伯爵夫人も!

  6. ディズニー元CEOの語る親孝行って?『ディズニーCEOが実践する10の原則』感想

  7. 《UNE PETITE PAUSEトートバッグパンダ》の耐久性と《宝島社 Mono Max トラディ…

  8. 【体験レポ】インプロ(即興演劇)公開講座に参加しました

  9. 【読書録】「ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」(若宮和男・著/実業…

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP