おすすめ記事 PICK UP!

相談できる人はいますか?

「う〜ん、こういうときどうしたらいいだろう?」

そういうとき、気楽に話せる相手はいますか?

《木のアーシングって知っています?》

もし、人でなくても、相談を聞いてくれ、さらには解決までしてくれるらしい存在がいるのです。

それが『木』。なんでも、『木』は根っこで地球上どこにいても、全ての木・生物とネットワークを築いているらしい。そして、何百年(縄文杉なんかに至っては何千年も?)とそこにいることから、本当に物知りで膨大な図書館のような存在でもあるらしいのです。

『アーシング』とは、「地(地球)とつながること」だそう。

『木』に触れて、深呼吸するというもの。

そのときに「アイスブルー」と言って近づいたら植物を驚かせないで済むという説もあります(SITHホ オポノポノより)。

でもちょっと誰か通らないかとかドキドキしてしまいますが。

他にも『地のアーシング』これは、裸足で地面に立ったり、『水のアーシング』もあって、これは海水に浸かったりすると良いらしい。

「アーシング」をすると「体のバランスが整う」とも言われています。

【自分が何も動かずとも解決した!?】

ちょうど散歩道に、たまにしか人が通らない公園があって、大きな木が立っている。

「やってみたいな」ということで飛び込んだ新しい職場で、翌月からのシフトのことで「う〜ん、そのほうが色々覚えられていいかもだけど、体力と氣持ちはちょっと重いかも?」と思っていて、で、直接上司にちょっと不安が…とは漏らしたのですが、そのまま行きそうで、不安は消えず、しかも誰に相談したら良いかも分からないでいて、散歩の時に『木』に触れて相談していたら…しばらくして、たまたまそのことを耳にした先輩がリーダーに相談してくれて、一番無理のないシフトでできることになったのでした。ホッ。

しかも、嬉しいことに(当たり前かもしれないけれど)、先輩方やリーダーの方から「心配しなくて良いですからね!」と心強いお言葉も頂き、誰に相談すると良いか、職場のこともよく見えるようになったし、肩の荷が下りたというか、緊張が解け、今は本当に良い環境で経験してみたかったことを、周りと声掛け合いながらできています。

【三方よし!】

そして、さらにその後、そのシフトで大丈夫な新しいメンバーも入って来られて、三方よし!になりました。

関連記事

  1. 【読書録】「ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」(若宮和男・著/実業…

  2. 暗黙の了解(口コミについて)

  3. 本当のコミュニケイション上手って?スイッチインタビュー「ブレディみかこ✖️鴻上尚史」その1

  4. 「鬼滅の刃」「大河の一滴」なぜ今人氣なのか・苦しみに寄り添い乗り越えるということ

  5. 残暑を乗り切る『ネバネバ副菜』

  6. 『13歳からのアート思考 「自分だけの答え」が見つかる』VUCAと呼ばれる時代の生き方とは?

  7. 『立春』を迎えました

  8. ディズニー元CEOの語る親孝行って?『ディズニーCEOが実践する10の原則』感想

  9. 「どうでも良い」「どっちでも良い」の大切さ SWITCHインタビュー 菅原小春さんと梅佳代さん

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP