おすすめ記事 PICK UP!

今年の節分は明日2月2日です!と追儺について

今年は立春が2月3日、節分は2月2日になります!

それは、124年ぶりとのこと。

恵方は『南南東』です!

立春とは、二十四節気では新年の始まりともされていて、立春正月とも言うので、明日からまた心機一転、新しい1年が始まりますね♪

中国から伝わった厄払いの風習「追儺(ついな)」が日本に伝わり、平安時代には宮中行事として新しい1年が始まる前日に陰陽師が中心となり厄祓いを行っていました。

京都の平安神宮では、「大儺之儀(だいなのぎ)」といって宮中で執り行われていた節分祭を再現されますが、「鬼は外」ではなくて「鬼やろう」と声を上げます。

【鬼】

鬼(邪気)とは、病気や災難のこと。今では、顕微鏡などで目に見えない細菌やウイルスが原因で感染症がうつるとか、予防法も分かってはきましたが、当時は今よりも恐ろしかったと思います。

また、心の中にある、怒りや嫉妬や怨みつらみなど、苦しい思いもそうです。

自分や人に、必要以上に厳しくしてしまうことも、そうかもしれません。

お多福さんの由来

もう一つ、節分の豆まきと言えば、「鬼」と「福」。「福」の象徴、『お多福』さんです。

追い払った鬼がまたやって来るのを、お多福さんが優しく諭し、鬼が改心し、打出の小槌を人々に献上し、めでたしめでたし、となったそう。

自分のうちにいる鬼は、お多福さんの役割の優しさや美味しいものや楽しいもので、心を明るくして過ごしましょ。

関連記事

  1. 『ホワイトソースの要らない簡単ヘルシー豆腐グラタン』作ってみました

  2. 暗黙の了解(口コミについて)

  3. 《美術初心者の美術館巡り》三菱一号館美術館【あなたの知らないモネが来る イスラエル博物館蔵 印象派・…

  4. 残暑を乗り切る『ネバネバ副菜』

  5. 9月9日 重陽の節句

  6. 二十四節気 寒露(かんろ)です

  7. 【季節を感じる】8月23日(日)は「処暑」でした

  8. 飯能市「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」内の「カフェプイスト」へ

  9. 『一粒でもいい空気に変えられる』SWITCHインタビュー〜マンボウやしろ

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP