おすすめ記事 PICK UP!

プレゼントをラッピング・贈り物を包むということ

メリークリスマス☆

年の暮れ、慌ただしい中でもクリスマスはちょっと明るい氣持ちになりますね。

ところで、プレゼントってきれいにラッピングされて、リボンもかけられて渡されることが多いですよね。日本でも、贈り物は包装紙で包んだり、のしを掛けたりして、洋の東西を問わず、贈り物は紙に包んで渡す習慣ですね。

【どうして紙に包んで贈り物を渡すの?風呂敷に包んで持っていくのはなぜ?】

以前、日本の家庭内文化の教室に通っていた時に先生から聞いたお話し。

風呂敷に贈り物を包んで相手のところまで持ち運んだり、お金にしても贈り物にしてもどうして紙に包んで相手に渡すのでしょう?

それは、「自分の息がかかって、そのことで自分の『穢れ』が相手に移らないように」という意味があるということなのです。(諸説あります)

何だか、新型コロナを始め、感染症予防で息(飛沫)を飛ばさないように、という、まさにその通りのことが昔から習慣として引き継がれて来ているんだな、ということに氣がつきます。

「先人の知恵」ってすごい!

関連記事

  1. 「おばあさんのくらし」記憶の水脈をたどる展 小金井アートスポットシャトー2Fにて

  2. 東京都美術館『スコットランド国立美術館 美の巨匠たち THE GREATS展』所要時間とグッズ

  3. 東所沢マンホール

  4. 【体験レポ】インプロ(即興演劇)公開講座に参加しました

  5. 1月7日 人日の節句・七草粥と春の七草

  6. 上野・東京国立博物館『ポンペイ』レポ

  7. 「忘れることの効用」SWITCHインタビュー ダンサー 菅原小春さんと写真家 梅佳代さん

  8. 美術展の図録、買う派になりました『ゴッホ展』『奇才展』『桃山展』『ハマスホイとデンマーク展』

  9. 東所沢・角川武蔵野ミュージアムと武蔵野坐令和神社へ初詣

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP