おすすめ記事 PICK UP!

プレゼントをラッピング・贈り物を包むということ

メリークリスマス☆

年の暮れ、慌ただしい中でもクリスマスはちょっと明るい氣持ちになりますね。

ところで、プレゼントってきれいにラッピングされて、リボンもかけられて渡されることが多いですよね。日本でも、贈り物は包装紙で包んだり、のしを掛けたりして、洋の東西を問わず、贈り物は紙に包んで渡す習慣ですね。

【どうして紙に包んで贈り物を渡すの?風呂敷に包んで持っていくのはなぜ?】

以前、日本の家庭内文化の教室に通っていた時に先生から聞いたお話し。

風呂敷に贈り物を包んで相手のところまで持ち運んだり、お金にしても贈り物にしてもどうして紙に包んで相手に渡すのでしょう?

それは、「自分の息がかかって、そのことで自分の『穢れ』が相手に移らないように」という意味があるということなのです。(諸説あります)

何だか、新型コロナを始め、感染症予防で息(飛沫)を飛ばさないように、という、まさにその通りのことが昔から習慣として引き継がれて来ているんだな、ということに氣がつきます。

「先人の知恵」ってすごい!

関連記事

  1. 『人生をいじくり回してはいけない』『ゲゲゲの人生わが道を行く』水木しげるさんその魅力

  2. 〈秋季皇居乾通り一般公開〉土曜の午後の様子

  3. 京王線芦花公園駅から世田谷文学館までのアクセス

  4. 上野・東京国立博物館『ポンペイ』レポ

  5. 今日は二十四節気の雨水です

  6. 年賀状欠礼はがきが届いたらどうしてる?寒中見舞いとお線香

  7. 今夜は十三夜

  8. 東所沢マンホール

  9. 《美術初心者の美術館巡り》東京都美術館 《ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》へ行きま…

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP