おすすめ記事 PICK UP!

今日は冬至「一陽来復」

「冬至」あっという間に日が暮れます。一年で最も昼の時間が短い日。この日を境に、また少しずつ、日の入りの時間が遅くなり、昼の時間が長くなっていきます。

【ゆず湯について】

今日は『ゆず湯』に入ると風邪引かないって言いますね。

柑橘(かんきつ)類の「きつ」「吉(きち)」となり、縁起が良いとされています。

そして、お風呂は禊の意味でも邪気払いの意味があるそうです。

ちょうど、冬至の対極が五節句の一つの「端午の節句」で「菖蒲湯」に入って、これも邪気を払います。旧暦で言うと夏至のころになるのです。

西洋ではクリスマス。こちらも元々は太陽の復活を祈るものだったとか。

古今東西共通しているところが面白いですね。

クリスマスのリースもお正月の門松も常緑樹をあしらうので、それも、同じものを感じていたのかもしれません。

【冬至の食べ物について・カボチャと小豆】

カボチャの収穫期は夏ですが、この太陽が一番早く沈んでしまう日に、夏の太陽の光をいっぱい浴びたカボチャを食すことで、風邪を引かないとも言われていますね。太陽の力を頂くということに繋がるようです。

小豆は、その赤い色が魔除けとされています。

【運盛り】

「あいうえお…」の50音順で一番締めの音・文字は「ん」。ということで、この一年がつつがなく終わったという感謝の意と、来年もまた良い年になりますようにと願いを込めて「げん担ぎ」に「最後に『ん』のつく『食べ物』」をしつらえることを「運盛り」と言い、料理にして食べることも含めて、「来年の運」を願います。

〈「ん」のつくもの〉にんじん、ダイコン、レンコン(穴が開いていることからさらに「先の見通しが良い」とされています)、金柑、ミカン、銀杏、うどん…など。

今年1年無事で越せることと、来年も良き年となりますように。

そして、寒さが深まっていく季節、身体になるべく無理はさせないで早めに休養を取ったり、あったかくしたり、食べ過ぎ飲み過ぎのないようにしたり、笑って明るい氣持ちに整えて過ごしたい季節です。

関連記事

  1. 東京藝術大学が奥深い!藝大公開講座『UV プリンターでオリジナルデザイン三角ポーチを作る』に参加しま…

  2. 睡眠は1日何時間必要?

  3. 都営大江戸線六本木駅からミッドタウン『サントリー美術館』への行き方

  4. 【上野・東京藝術大学が奥深い!】藝祭とコモゴモ展へ

  5. 二十四節気 立秋

  6. 〈春季皇居乾通り一般公開〉平日午前の様子

  7. 1月7日 人日の節句・七草粥と春の七草

  8. 【上野】東京文化会館ミュージック・ワークショップ・フェスタ冬

  9. 【お手頃手土産】パンダ好きの友人へパンダ缶のヨックモック

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP