おすすめ記事 PICK UP!

2021スケジュール帳は100円ショップ のものにしました

毎年、10月くらいから来年度のスケジュール帳を考えます。「新しい年に希望を託す」そんな氣分で、

  • 大きさは、持ち運びやすいようにA6サイズ
  • 薄め
  • 見開き1ヶ月のページには〈メモ欄・チェック表〉などもあること
  • できれば日曜始まり
  • ダイヤリーとしても使うので1日毎のページもあること
  • 前年(2020年)10月〜の月間スケジュールと、翌年(2022年)せめて1月の月間スケジュールもついている
  • 路線図ついてたら尚良し

などで決めます。

以前は100円ショップのものにも路線図がついていたのですが、最近のはついてないですね。

そして紙質は100円ショップのは寄れやすいというのも気になってたりはしますが。

そういうわけで周りの審美眼もセンスの良さも持ち合わせている友人たちに「『スケジュール帳』ってどんなのを使ってる?」と聞いたところ、「色々使ってみたけど、100円ショップのもので十分」という意見も多数。同感。

これまでは、20代前半は革のカバー(ペンケースとお揃い)バインダー型で中身だけ変えるタイプ、本屋さんや文具ショップのもの、100円ショップのもの、ビジネス系や開運系のコラボ手帳、など色んなタイプのものを使ってきましたが、

今の氣分は

「シンプルで、自分が使いやすいと感じるもの」

を基準に、お出掛けついでに色んなお店でリサーチして、結局100円ショップ『セリアseria』のこちらに決定。

【100円ショップ『セリアseria』のシンプル系に決定】

決め手は〈カバーの色〉の柔らかく明るいピンク色と、週刊スケジュールも付いていて、厚みも氣にならなかったところ。

〈カバー〉色は、写真ではうまく色が出なかったのですが、シュガーピンク・さくら色2021の文字はゴールド。クリーム色もありました。ビニール製。

《大きさ》A6版。縦 15センチ 横 11センチ 厚さ 7ミリ

《重さ》69グラム

〈2021年1月から、月曜始まり〉。

前年(2020年)の月間スケジュールはついてないですが、2022年1月の月間スケジュールまで付いています。

【中身はこんな感じ】

〈2021・2022のカレンダー〉

〈見開き1ページに月間スケジュール〉2021年1月〜2022年1月

  • 月曜始まり
  • 紙質はクリーム系で白ではない。
  • 左側は赤字で『今月の目標』と『白抜きのハート♡』がついていて、ポイントを色を塗って表す仕様になっています。
  • 「Notes」チェック表付き
  • 翌月のカレンダー
  • 下の方にMemo欄
  • 六曜付き

〈週刊スケジュール・見開き1ページに2週間分〉

2020年12月28日(月)〜2022年1月9日(日)

理想を言えば、ひと月の月間スケジュールのページの後に週刊スケジュールが来て欲しかったのだけど。

よく見ると〈タイムスケジュール〉にもなっている!

1日分が横罫線で仕切られていて、よく見ると上の方に「・・・」で、6〜12〜18〜24と数字がふってあり、タイムスケジュールになっています

〈メモ欄〉

〈メモ欄〉は横罫線に、左から1.8センチのところに縦線が入っています。全9ページ。

2021のお供です。

関連記事

  1. 美術展の図録、買う派になりました『ゴッホ展』『奇才展』『桃山展』『ハマスホイとデンマーク展』

  2. 本当のコミュニケイション上手って?その2 『コミュニケイションのレッスン』だいわ文庫

  3. 令和2年 大晦日

  4. 三菱一号館美術館「画家がみたこども展」へ・グッズはガチャ回してお腹がくすぐられる

  5. 今年の節分は明日2月2日です!と追儺について

  6. 恐怖「目に見えないもの」の乗り越え方・昔の人の知恵

  7. 1月7日 人日の節句・七草粥と春の七草

  8. より安全な世界へ移行するというお話しと二十四節気『白露(はくろ)』

  9. 残暑を乗り切る『ネバネバ副菜』

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP