おすすめ記事 PICK UP!

「どうでも良い」「どっちでも良い」の大切さ SWITCHインタビュー 菅原小春さんと梅佳代さん

NHK Eテレ の【-SWITCHインタビュー達人達-】。録画してみているのですが、ダンサーの菅原小春さんと写真家梅佳代さんのお二人、直接の対談はされていないのですが、前回の「忘れる、覚えていない」とお答えされていたこともそうですが、他の答えも共通点を感じたので、ここで紹介したいと思います。

今年の5月30日再放送分の「平和構築学教授 伊勢崎賢治さん✖️ダンサー 菅原小春さん」(2017年12月9日に放送されたもの)の回では、当時25歳の菅原さんが、

「うまくいかない時どう乗り越える?」

と質問した当時60歳の伊勢崎さんに、

「どうでも良いって大事ですよ」

-SWITCHインタビュー達人達-「平和構築学教授 伊勢崎賢治さん✖️ダンサー 菅原小春さん」

「どうでも良いって大事ですよ」と二回繰り返されていたのが印象に残りました。

楽しいって、踊って、って言われるとか。

こういう顔して、こういう気持ちで踊って、とか。

それの期待に応えようとするから自分は変な空回りが生まれて、そんなダンスになっちゃっているだけで、多分この人(言ってくる人)のことを「ええ、そうですね」って言って聞き入れて、こうやって(ピースする)やって聞き入れて、どうでもいい感覚を、良い、美しいどうでも良い感覚で浸れたときに、ああ初めて踊れたんだなあって思ったんですけど

-SWITCHインタビュー達人達-「平和構築学教授 伊勢崎賢治さん✖️ダンサー 菅原小春さん」

聞き入れて、良い、美しいどうでも良い感覚で浸る、という菅原さんの表現に感服。見習いたい考えであり、在り方だ。

写真家の梅佳代さんは、対談相手の絵本作家ヨシタケシンスケさんに

「思い通りにならないこと、そういったもったいなさに対しての処理のしかたは?」

と質問されて、

どっちでもいい気持ちでいっている。この日はこうだったっていう感じです。」

全て相手がいることなので、そこはあまり無理やりなことは…。記録っていう感じで。その人たちのその時っていう氣持ちです。『対話』っていうかその日の『ふわぁ』っていう感じ。『アホみたい』なんですけど…。そんな感じです。

-SWITCHインタビュー達人達-】「写真家 梅佳代さん✖️絵本作家 ヨシタケシンスケさん

とお答えされていました。

「中道」と呼ぶのでしょうか。

ゲーテの言葉、

他人(ひと)を自分に同調させようなどと望むのは、そもそも馬鹿げた話だよ。

ゲゲゲのゲーテ

〈間合いをはかる〉

「他人を自分に同調させようとするのは、ばかげた話だ」とゲーテは言う。

「私はそんなことをしたことはない。私は人間を自立的な個人として見てきた。個人を探求し、独自性を知ろうと努力はしたが、彼らから同情を得ようなどとは思わなかった」

ゲーテに学ぶ賢者の知恵

自分と相手の折り合いというか、そういった人間関係の基本もお二人の考えや在り方、向き合い方は参考になる。

関連記事

  1. 《美術初心者の美術館巡り》東京都美術館 《ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》へ行きま…

  2. 新暦七夕

  3. より安全な世界へ移行するというお話しと二十四節気『白露(はくろ)』

  4. これが自分に合っているか、分かりやすいシンプルな方法

  5. 今日は二十四節気の小寒です

  6. プレゼントをラッピング・贈り物を包むということ

  7. 今日は二十四節気の雨水です

  8. 【季節を感じる】8月23日(日)は「処暑」でした

  9. 今日は二十四節気の大寒です

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP