おすすめ記事 PICK UP!

二十四節気 寒露(かんろ)です

今日は、暦で言うと『寒露(かんろ)』と言って、朝夕の露が冷たく感じるころ。もう晩秋。季節は、冬へ。

昨日から、11月下旬並みの気温と言われていますが、観測が始まって珍しいそうですね。「山装う」と言う季語も好きです。参考までに春の季語は「山笑う」です。どちらも、なんだか心が喜ぶ、良い言葉ですね。

青いミカンのちょっとすっぱい味と、皮を向いたときの香りがこの季節の好きな香り。そしてどこからともなく香ってくる金木犀。「あ、ここにいたのね」と香りの後に金木犀の木を見つけると思う。

そして、衣替えも楽しみの一つなのです。

関連記事

  1. 【読書録】「ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」(若宮和男・著/実業…

  2. 令和2年 大晦日

  3. 立冬 2020

  4. 「どうでも良い」「どっちでも良い」の大切さ SWITCHインタビュー 菅原小春さんと梅佳代さん

  5. 【季節を感じる】8月23日(日)は「処暑」でした

  6. 『立春』を迎えました

  7. 新暦七夕

  8. 今日は二十四節気の雨水です

  9. 昨日から秋の土用です(11月6日まで)

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP