おすすめ記事 PICK UP!

二十四節気 寒露(かんろ)です

今日は、暦で言うと『寒露(かんろ)』と言って、朝夕の露が冷たく感じるころ。もう晩秋。季節は、冬へ。

昨日から、11月下旬並みの気温と言われていますが、観測が始まって珍しいそうですね。「山装う」と言う季語も好きです。参考までに春の季語は「山笑う」です。どちらも、なんだか心が喜ぶ、良い言葉ですね。

青いミカンのちょっとすっぱい味と、皮を向いたときの香りがこの季節の好きな香り。そしてどこからともなく香ってくる金木犀。「あ、ここにいたのね」と香りの後に金木犀の木を見つけると思う。

そして、衣替えも楽しみの一つなのです。

関連記事

  1. 2024 令和6年 しめ縄飾りは『ドライフラワーJオカザリ タッセルYASHIRO』にしました

  2. 今宵は中秋の名月

  3. 「どうでも良い」「どっちでも良い」の大切さ SWITCHインタビュー 菅原小春さんと梅佳代さん

  4. 新玉ねぎのマリネ NHKあさイチのレシピをちょこっとアレンジ

  5. 1月7日 人日の節句・七草粥と春の七草

  6. 本当のコミュニケイション上手って?その2 『コミュニケイションのレッスン』だいわ文庫

  7. ほぼ日手帳 『手帳カバー』と『オリジナル avec(アヴェク)分冊版』の中身を紹介

  8. 最初の記事!今日は最高の吉日が重なる日(一粒万倍日と天赦日)からの明日の2020夏至

  9. ほぼ日手帳 2023『ミナ ペルホネン』 piece,(original spring mix)、カ…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カフェ特集

PAGE TOP